【営業本を徹底分析】『営業の魔法』の書評と感想

※この記事は執筆中です。

ぐり
こんにちは!
これまで500以上の本を読破し
営業で2年連続2億円を売り上げた
ぐり (@guri_makenai) です^ ^

今回は、
営業の魔法~この魔法を手にした者は
必ず成功する』(中村信仁)
を徹底分析していきます。

本書は、物語調になっています。

平易な言葉が使われており、
営業初心者でも十分読める内容です。

営業であれば思わずうなずいてしまう、
営業あるあるが出てくるなど、
読み物としても面白いと思います。

1つ1つの章はあっさりしているので、
サクサクと読み進められるのも、
本書の良い点かもしれません。

ざっくり言えば、
喫茶店で時間をつぶす売れない営業マンが、
師匠からのレクチャーを受けて、
少しずつ成長していく物語です。

本書の読み物としての価値を尊重するため、
この記事では物語には触れません。

営業スキル、営業マインドの部分にだけ、
要約、書評を書かせて頂きます。

全体の流れとしては、
1つの章毎に順番に、

  • その章の要約
  • 私の書評

そして最後に、

  • 全体の感想
  • まとめ

という構成です。

なお、特筆する事がないため、
プロローグは省略します。

その他、
特筆する事がない場合は、割愛します。

本書で学ぶべき事を1つに絞るとしたら、
『間』の話です。

魔法のはじまり

要約

同じ3分という時間でも、
何かに集中しているかどうかで、
時間の流れを短くも長くも感じる。

そこで、
相手をいかに集中、注目させるか?
という集中力、会話力が重要。

一方的に話すのではなく、
相手を巻き込むという意味で、
渦潮力とでもいうべきものです。

営業に必要な3つの力

営業に必要な3つの力?

この章では、営業に必要な力として、

  • 集中力
  • 会話力
  • 渦潮力

の3つが出てきますが、
1つの事を別の角度から
言い換えているだけのようです。

なぜ、大げさに3つの力としたのか、
やや理解に苦しむところです。。。

ただ、相手をいかに注目させるか?
という視点は、とても重要です。

特に新規開拓の時に重要な点です。

興味付けできなければ、
話すら聞いてもらえないため、
営業に求められる能力の1つと言えます。

本書には、その具体的な方法は、
書かれていません。

魔法その1~瞬間の沈黙

要約

会話中の『間』が大事。

相手が考える時間を与えるために、
『間』を与える。

人は考える時に、相手から目線を外す。

だから、相手が目線を外したら、
相手が”考えている”というサイン。

ここで『間』を与えてジッと待ちます。

その後、目線が自分に戻ってきたら、
“理解した”または”質問したい”のサイン。

こちらで話を進めるか、
または相手から質問を受けます。

沈黙を怖れずに『間』を与えましょう。

『間』を与えないプレゼンは、
考える時間を奪い、浅い思考でしか
言葉のキャッチボールができません。

そうすると、
いざ結論という段階で、相手に、
改めて深く考えたいという欲求を
芽生えさせてしまいます。

『間』を積み重ねる事で、
その都度、深く考えてもらい、
最後の決断をスムーズにして頂けます。

自分の恐怖心よりも、
相手が考えることの
大切さを優先して下さい
(For You の精神)。

瞬間の沈黙

『間』の重要性

本書で

 

 

魔法その2~人間力

要約

営業は、人として当たり前の事を
コツコツできるかどうか。

演じるのではなく、そうあるべき。
人間力です。

誰にでもできるわけではありません。

人に好かれるタイプ

営業は、お客様からたくさんのノー(能)
をもらい、自分の欠点に気付き、学び、
成長していくものです。

注:能(のう)とは、仕事をする力。

成長する事で、より広く、
より遠くまで見渡せるようになります。

営業とは、お客様の問題を解決する
お手伝いをする職業です。

お客様と成長の感動を共有する
という使命があります。

人間力

“人間力”という曖昧な言葉

 

 

魔法その3~売らない営業

要約

 

 

 

 

魔法その4~既成概念

 

 

 

 

 

魔法その5~応酬話法

 

 

参考:応酬話法って何?
新人営業が最低限知っておきたい
4つのパターンと具体例

 

 

 

魔法その6~二者択一話法

 

 

 

 

 

 

 

魔法その7~イエス・バット話法

 

 

 

 

魔法その8~質問話法

 

 

 

魔法その9~類推話法

 

 

 

魔法その10~推定承諾話法

 

 

魔法その11~肯定暗示話法

 

 

 

魔法その12~ポジティブ・シンキング

 

 

全体の感想

 

レビュー評価が他の営業本と比べて圧倒的に高い。

批判的なレビューは、
内容自体は大した事ないというもの。

評価されているのは、
営業スキルの部分ではなく、
物語の部分ではないか?

読み物としての評価が高いという感じ。

魔法その1で出てくる”間”の部分は、
他の本では言語化されていないと思うので、
本書の良い部分だと思うんですけどね…

しかも営業の場面に限らないので、
汎用性は高いと思います。

 

レビュー評価を見極める際には、
その評価が、

  • “どんな内容”についての評価なのか?
  • 全体の評価に占める割合

この辺りを注意した方が良さそうですね。

だから、全く内容に触れてないレビュー、
例えば、

飛び込み営業をして2年になります。
個人差があると思いますが、
比較的早く成果に繋がったと思います。
レビューの多さを見れば、
この本の素晴らしいさがわかると
思うので購入をオススメします。

出典:Amazonレビューページ

こういうレビューだと、
全く参考にならないという事ですね。

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

当ブログが初めての方へ

ぐり

当ブログでは、

  • 名の知れないベンチャー企業で2年連続2億円を売り上げた営業ノウハウ、思考
  • 起業スクールで学んだ知識、思考
  • 700冊以上の読書で得た知識、思考

を公開しています。

そして、これらを元にして、今後も”個人”が”負けずに”(=仕事を奪われずに)生き残る人生戦略を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です