営業で罪悪感を感じて、いっぱいいっぱいになっているあなたへ

営業で罪悪感を感じる

売ることに罪悪感を感じる

お客様に迷惑を
かけているようで、
本当に申し訳ない気持ちになる

今回はこんな悩みを
抱えている人が対象です。

ぐり

こんにちは!
営業を始めて半年くらい
同じ悩みを抱えていた
ぐり (@guri_makenai) です。

これはおそらく、
新人営業の多くが
一度は感じたことのある悩みです。

私自身も、営業をかけることが、

お客さんに迷惑じゃないか?
お客さんの感情を傷つけていないか?

こんな事を考えて、

営業を辞めたい

とさえ思ったこともあります。

なので、
めっちゃ分かるんですね、
この気持ち……

ただ、それでも
営業を続けてこれたのは、
その対処法を知っていたからです。

この問題は、
あなたの心の問題、
考え方の問題です

とはいえ、
あなたに責任があるわけではないです。

そこで今回は、

  • あなたが罪悪感を感じてしまう原因
  • 罪悪感を振り払う考え方と手順

を伝えていきたいと思います。

あなたが罪悪感を感じてしまう原因

あなたが罪悪感を感じてしまう原因は、
2つあります。

それは、

  • 商品を買う事で
    顧客がどう感じるのかを
    意識できてないこと
  • 営業という仕事自体に対して
    嫌悪感を感じていること

です。

なお、
扱っている商品が粗悪品だったり、
大した価値もないのに
とんでもない価格で
販売している場合には、
今回の話は当てはまりません。

これらの場合には、
一度本気で
転職を考えることを
おすすめします。

真っ当な商品を
販売している会社に
転職して下さい。

ここでは、
真っ当な商品
(提供価値と価格が釣り合う商品)
であることを前提に
話を進めていきます。

商品を買う事で顧客がどう感じるのか意識できてないこと

商品を買う事で
顧客がどう感じるのか?

それは、顧客が喜ぶという事です。

例えば、飲食店で
美味しいご飯を食べれた時、
『良い買い物だったな〜』とか
『また食べたいな〜』とか
あなたは思いませんか?

こんな時、あなたは、
笑顔で喜んでいるはずです。
いや、顔には出さないとしても、
心の中では喜びを
感じているはずです。

そして、
あなたがお店から出る時に、

『美味しかったです。ごちそうさまでした』

と店員さんに伝えたら、
店員さんは、罪悪感を感じるでしょうか?

たぶん感じませんよね?

むしろ、

『喜んでもらえて良かった』

と思うはずです。

では、この店員さんと
あなたの差は何なのでしょうか?

それは、

顧客の喜ぶ姿を
意識できているか否か

です。

扱っている商品が
新商品でなければ、
商品を買ってくれた人が
どこかに必ずいるはずです。

その顧客の声、つまり
お客様の声を聞いてみて下さい。

会社のホームページに
掲載されている
お客様の声を
読むのでも構いません。

一番良いのは、
顧客から直接

『ありがとう』

と感謝されることでしょう。

感謝されるというのは、
営業という仕事が楽しいと感じる1つで、
“心の栄養”みたいなものです。

また、もしこれまでにあなたから
商品を買ってくれた人がいれば、
直接感想を聞いてみるのも全然ありです。

その際は、
『先日は弊社の商品をご購入頂き
誠にありがとうございました。
その後、実際に商品を使用して頂いて、
何か困ったことはないかと思い
連絡させて頂きました。』

とでも言って、
感想を聞いてみれば良いだけです。

とにかく、

『商品を買うことで顧客が喜ぶのだ』
顧客の役に立てているのだ』

このように
考えることができれば、
今ある罪悪感は
薄れてくるはずです。

とはいえ、もう1つだけ、
あなたに罪悪感を
感じさせている原因があります。

営業という仕事それ自体に嫌悪感を感じていること

そもそも営業という仕事
それ自体に嫌悪感を
感じていませんか?

例えば、
あなたが客として
営業を受けた時、
営業に嫌悪感を
感じた事はありませんか?

おそらく誰でも一度は、
嫌悪感を感じたことがあると思います。

ではなぜ、嫌悪感を感じたのか?

それは、

その営業が売り込んできたからです。
顧客から嫌がられる”売り込み”の正体

そしてそこから、

『営業=売り込み』
『営業=押し売り』

といった一般的なイメージが出来上がり、
営業という仕事それ自体への
嫌悪感が出来上がります。

自分が嫌悪感を
感じている仕事なのに、
自分がその仕事を
やっているのです。

『自分がされて
嫌だと思っている事を、
他人にやってしまっている状態』

モラルがある人であれば、
売ることに罪悪感を感じてしまうのは、
むしろ当然の状態と言えます。

でも、罪悪感を感じながらも、
『営業しないといけない』
と思っているからこそ、
あなたは今悩んでいるのだと思います。

売ろうとすると
お客さんから嫌がられ、
お客さんに対して

罪悪感を感じてしまう。

でも、売らなければ上司から怒られる。

一体、どうすれば良いのか?

こんな風に悩んでませんか?

まさに板挟み状態。

これ実は全部、私が、
売れない新人営業の時に
考えていた事です。

こんな感じで半年くらい苦しみました。

私と同じだ!

と思った人には、これからお伝えする
対処法が必ず役立つはずです。

それは、

売り込まない

という選択肢です。

そもそも、営業というのは、

『売り込み』

でも、

『押し売り』

でもありません。

これらは誤ったイメージです。

売り込まない営業ならば、
お客さんに嫌がられないので、
罪悪感を感じることもありません

とはいえ、これを聞いたあなたは、

売り込まないと
売れないんじゃない?

とも思うかもしれません。

疑うのも無理はないと思います。

世間には誤った
イメージが蔓延していて、
あなたや、あなたの周りの人も含め、
それを信じてしまっていても
おかしくないほどに
誤ったイメージが
蔓延しているからです。

実は、売り込むより、
売り込まない方が売れます

これには、
心理学的な理由があります
心理的リアクタンス)。

営業の歴史的に見ても、
現在の流れは、

売り込み型の営業→売り込まない営業

へと移り変わりつつあります。

私も、
売り込まない営業を実践してから、
罪悪感を感じなくなったし、
売れるようにもなりました。

売り込まない営業の基本手順は、以下です。

  1. ほんの少しだけお時間を頂く同意を得る
  2. 興味付けで相手の興味を引く
  3. 興味のある人にだけ、
    ヒアリングや情報提供を行う
  4. それまでの話をまとめて提案させて頂く

相手が反論してきても、
無理やり”説得”しようとしないで下さい。

そもそも営業は、『説得』しないで
『納得』してもらう仕事
です。

“説得”に入ったその瞬間から、
相手はあなたに
心理的な抵抗をし始めて、
あなたを攻撃してくる
可能性が高まります。

それは、あなたがまいてしまった種です。

そこから始まるのは、
相手の抵抗だけではありません。

辛い営業人生が始まってしまいます

この記事に貼ったリンクは全て、
売り込まない営業に関する重要な記事です。

もしあなたが、
売り込む営業に疲れているのであれば、
リンク先の記事を読む事をオススメします。

もちろん、
読むのも読まないのも、あなた次第です。

まとめ

  • 営業で罪悪感を
    感じてしまう原因は、
    • 商品を買う事で顧客が
      喜ぶ姿を意識できてないこと
    • 営業という仕事自体に対して
      嫌悪感を感じていること
  • 営業という仕事に
    嫌悪感をなくすには、
    嫌悪感を感じている原因、
    売り込むことをやめる必要がある

今回は以上です。

本日もお疲れ様でした(^_^)

当ブログが初めての方へ

ぐり

当ブログでは、

  • 名の知れないベンチャー企業で2年連続2億円を売り上げた営業ノウハウ、思考
  • 起業スクールで学んだ知識、思考
  • 700冊以上の読書で得た知識、思考

を公開しています。

そして、これらを元にして、今後も”個人”が”負けずに”(=仕事を奪われずに)生き残る人生戦略を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です