0から始める新人営業の心得

新人営業の心得

この春から営業やるけど、
何すれば良いのか分からない

突然営業をやることになったけど、
何すれば良いのか分からない

こんな不安を抱えていませんか?

ぐり
こんにちは!
突然の社長命令で
営業をやることになった
ぐり (@guri_makenai) です^ ^

大企業だと営業研修はあると思いますが、
中小、零細企業だと研修制度がなく、
いきなり「売ってこい」と言われた
という声もちらほら…

私も新人営業の頃、
研修と言えるほどのものは受けられず、
社長が目の前でゴリゴリの売り込み営業を
実践して見せてくれた程度でした(笑)

そこで今回は、
まず、新人営業として最低限
知っておいてほしい心得を紹介します。

この心得を守れば、
成功までの時間を大幅に短縮できます

逆に、守らないと(知らないと)、
成功までに時間がかかってしまいます。

それでは行ってみましょう!

経験値を稼いでレベルアップする

何をやって良いか分からない原因は、
営業について何も知らないからです。

この場合の対処法は決まっていて、
とにかく経験を積むことです。

誰でも最初はレベルが低い状態です。
レベルが低い状態では、
倒せる敵も限られてきますよね?
(お客さんは敵ではないですが…)

レベルを上げるには、
とにかく経験値を稼ぐしかありません。

ゲームみたいですね(笑)

経験値を稼ぐには、
実際に営業をかけてみたり、
お客さんと話したり、
先輩営業に聞いたり、
上司に聞いたり、
今まさにあなたがやっているように、
ネット上から情報を仕入れたりします。

そうやって経験を積んでいくと、
だんだんと要領がつかめてきて、
効率の良い経験値の稼ぎ方を見つけたり、
いち早く相手の特徴をつかんだり
できるようになります。

ちなみに、
このようにゲームになぞらえて考えることを
ゲーム化、ゲーミフィケーションと言います。

モデリング~成功者のマネをする

レベルの上限が100だったとして、
目の前にレベル100の同僚がいたら、
あなたはどうしますか?

その同僚のマネをすれば、
早くレベルが上がりそうですよね?

レベル100の人から学べば、
いきなり100とはいかなくとも、
レベル50くらいにはなれそうですよね?

本来かかるはずだった時間を大幅に短縮し、
一気にレベルを上げられるわけです。

これ実は、
やってない人が意外と多いです。

始めから自己流でやると、
方向性を間違えて一生、
成功できなくなる可能性が出てきます。

自己流を取り入れるのは、
ある程度経験を積んで、
レベルが上がった時点でやるべきです。

よく成長のプロセスとして
守破離(しゅはり)』が挙げられますが、

最初は成功者のマネ(守)をするのが大原則

なわけです。

このように、成功者をマネることを
モデリングと言います。

体験を言語化して蓄積する

で、レベルアップできるのは良いのですが、
ゲームとは異なり、
現実ではレベルダウン
というものがあり得ます。

スランプというやつですね。

詳しくは別記事で書いてますが、
売れている理由を言語化できてないことが
スランプの原因です。

営業を感覚だけで何とな〜く
やっている人が多いです。

その感覚的な部分を言語化しておけば、
言葉として残り再現性が高くなるので、
スランプに陥りにくくなります。

例えば、

  • 上手くいったコト
  • 逆にダメだったコト
  • 本やweb上で仕入れた情報

をノートなどに残しておきます。

そうやって言語化したものは、
言葉として蓄積されて増えていきます。

その蓄積されたノウハウが
あなたの価値をより高めてくれるでしょう。

で、蓄積する場所ですが、Evernoteなどの、
web上のサービスでも良いのですが、
私は手帳に書き込んでました。

こんな手帳です(高橋手帳A5 No.67)。

高橋手帳外観高橋手帳月別高橋手帳週別

私の字が汚いため、
私の手帳は載せられません(笑)

月別と週別のページがあり、
月別にはミーティングなどのイベント、
週別には左側に細かいスケージュール、
右側に気付いた事、覚える事など、
を書き込んでいました。

自分で作ったノウハウなどは、
最後に”MEMO”が30ページほどあるので、
そこにどんどん書き足していました。

1年も実践を積み、
書き足していけば、
その30ページが埋まります。

web上のサービスに
保存してた時期もあったのですが、
まず見直さないですね(笑)
(今はこのブログ上に投稿していってます)

個人的には、
A5サイズが手頃な大きさで
使い勝手が良く、愛用しています。

向き不向きはあると思うので、
色々試してみるのが良いと思いますが、
残す場所は必ず一元化して下さい
(私は↑の”MEMO”に一元化しています)

でないと、アレはこっちのノートで、
アレはクラウドサービスで…
と探すのに時間がかかってしまって、
結局見なくなります(笑)

『仮説構築⇔仮説検証』を繰り返す

『営業で成功するにはどうすれば?』

と言われれば、
結局ココに落ち着きます。

こうやったら良くなるだろうな
(仮説構築)

良くなった or ダメだった
(仮説検証)

今度はこうしたらどうか
(仮説構築)

この過程を何度も繰り返します。

営業というか、
全ての仕事に共通する、
仕事のレベルアップ法です。

仮説構築の際に、
本やweb上の情報を
取り入れてやってみると、
さらに良くなります。

自分に合った営業スタイルを模索する

よく「営業なのに」と言われるのですが、
私はそんなに行動できるタイプではないです。

考えてから行動するタイプなので、
「つべこべ言ってないで行動しろ!」
系の言葉がやや苦手です(笑)

営業の典型的なイメージは、

  • いつも元気一杯で
  • 声がデカくて
  • 目がギラついていて
  • 行動力が半端なくて
  • 何か頼まれたらすぐ「やります!」

みたいな感じだと思います(笑)

確かにこういう人もいますが、
だからといって成功してるとは限りません。

営業には色々なタイプがあるという事も、
知っておいて欲しいなと思います。

自分にあった営業スタイルを模索して下さい。

そのためには、自己理解が重要なのですが、
本を読むのも面倒という事であれば、
以下の動画が手っ取り早くてオススメです。

「四観」人を一分で見抜ける
超当たりまくる人間分析とは?(簡易前半)
https://youtu.be/8xggZ_vbxG0
(youtubeに飛ぶので、音に注意)

  1. 質問:思考優先か?行動優先か?
    (考えて動くか?動きながら考えるか?)
  2. 質問:成果重視か?過程重視か?
    (勝敗重視か?楽しければ良いか?)

このたった2つの質問に答えるだけで、
ざっくり自分のタイプが分かります。

この質問の回答を考えた後に、
上のリンク先をのぞいてみて下さい。

再生回数的には全然出回ってないですが、
友人や取引先からは高評価です(^_^)

ちなみに、私は『和』タイプです^ ^

まとめ

新人営業の心得は、

  • 経験値を稼いでレベルアップする
  • 成功者をマネる(モデリング)
  • 体験を言語化して蓄積する
  • 仮説構築⇔仮説検証を繰り返す
  • 自分に合った営業スタイルを模索する

です。

今回は以上です。

本日もお疲れ様でした(^^)

当ブログが初めての方へ

ぐり

当ブログでは、

  • 名の知れないベンチャー企業で2年連続2億円を売り上げた営業ノウハウ、思考
  • 起業スクールで学んだ知識、思考
  • 700冊以上の読書で得た知識、思考

を公開しています。

そして、これらを元にして、今後も”個人”が”負けずに”(=仕事を奪われずに)生き残る人生戦略を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です