お客さんから『時間がない』『忙しい』と言われてしまったら?営業時の切り返しトーク術

『時間がない』『忙しい』というウソ

こんにちは!ぐり (@guri_makenai) です^ ^

新規開拓のテレアポや飛び込み営業などで、お客さんから

時間がない
忙しい

と言われてしまった時の対処法を書いていきます。

では行ってみましょう!

典型的な断り文句『時間がない』『忙しい』

この言葉については、ぐりも売れなかった時期によく言われたものでした(^_^;)

この言葉を言われる前に、先に興味を持ってもらうことができれば、この言葉を言われる確率は激減します

とはいえ、いきなりこの言葉を言われてしまうこともあるでしょう。

そんな時にどのように対応すれば良いのか?

基本は、お客さんに商品の真のメリットを伝えて、『興味』を持ってもらうようにすることです。

お客さんの心理状態

時間がない』『忙しい』とお客さんが言う時の心理状態を考えてみましょう。

あなたが、テレアポか飛び込み営業でお客さんにアプローチをしたとします。

お客さんとしては、突然電話がなり、または飛び込みで営業が入ってくるわけです。

そうすると、お客さんとしては、その時までに何か作業をしていたとすると、その作業を一度中断しなければならなくなりますね。

ここで、あなたの声を聞いた、または、あなたの姿を見たお客さんが抱くであろう考えとしては、

何だよ営業かよ。作業中断させるなよ。

というのがあり得ますよね?

そして、この考えの後に、『時間がない』『忙しい』とあなたに言葉を言い放ったのであれば、それはおそらく『ウソ』です。

作業を中断されたイラつきや面倒臭さから、あなたに暗に『もう電話切るぞ』『早く帰れ』と言っているわけです。

では、あなたはどう対応すべきか?

2パターン用意しておきましょう。

まず1つ目が、あと少しだけねばる方法です。

あなたが言うべき言葉としては、

『そうなのですね。お忙しい時に本当に申し訳ございません。
◯◯(商品のメリット)のお話をさせて頂こうと連絡させて頂いた(または伺わさせて頂いた)のですが、3分ほどだけでもお時間を頂くことは難しいでしょうか?』

です。

これでも断られた場合には、再度誠実に謝った上で、一旦引きましょう。

時間、日を改めてまた再度アタックすれば良いです。

このパターンのポイントは、

・謝罪を入れた後に、さりげなく商品のメリットを紹介する点
『興味』を持ってもらえるかもしれない

・時間は◯分ほどしかかからない事を伝える点
(『興味』はイマイチでも、聞くだけなら、と言ってくれるかもしれない

・最後に、お時間を『頂けないでしょうか?』ではなく、『頂くことは難しいでしょうか?』いう言葉を使う点
いや難しくはないけど、と言ってもらえるかもしれない

と3重にあみを張り巡らせている事です。

2つめが、いさぎよく諦め、謝罪を入れた上で、一旦引く方法です。

えっ!?引いちゃうの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この時点で既にお客さんからの『今はNo』が出ているので、さらにグイグイ行くとお客さんに『広告拒否』を起こさせてしまいます。

『広告拒否』を起こさせてしまうと売れる確率はガクンと下がるので、お客さんに『広告拒否』される前に一度撤退しましょう。

意外にも、再度、時間か日を改めてアタックすると、

あぁ、この前サッと引いてくれた人ね

という事で良いイメージで再チャレンジできる事があります。

※勧誘拒絶の意思表示をした消費者への再勧誘は、特定商取引法で禁止されているで注意。
事業者(法人や個人事業主)への再勧誘は、法的に問題ないです。

では、場面を最初の方に戻します。

あなたがアプローチした時に、お客さんが何の作業もしていなかった場合です。

この場合の『時間がない』『忙しい』というお客さんの言葉は、明らかに『ウソ』ですね(笑)

ウソをつく理由は、

営業か。話長くなりそうだな。面倒臭いな

という心理です。

でも、この場合はある意味チャンスです。

『興味』さえ持ってくれれば、(作業中でないため)話を聞いてくれる可能性が高いからです。

この場合のあなたの対応も、上の2パターンで行きましょう。

『時間がない』『忙しい』が本当の場合

『興味』を先に持ってもらえれば、その後にお客さんから出てきた『時間がない』『忙しい』は、ウソではありません。『本当』のことです。

ただ、多くの営業が『興味』を持ってもらうという意識が低いので、『興味』を持ってもらう前に『時間がない』『忙しい』と言われてしまいます。

そして、この場合のお客さんの言葉のほとんどが『ウソ』です。

『ウソ』の場合は、少しねばってみるのもありですが(上で少しねばるパターンがありましたよね)、『本当』の場合にねばるのはダメです。

『本当』の場合は、時間か日を改めてアプローチしましょう。

逆に、『本当』の場合にねばってしまうと、

こっちの事情も考えられないのかこの営業は

と強い反感を買ってしまい、その後そのお客さんが買ってくれることはまず無いでしょう。

『ウソ』か『本当』かの判断

では、お客さんの言葉が『ウソ』か『本当』かをどうやって判断するのか?

難しい判断ですが、『興味』を持ってもらえていない段階(あなたが商品のメリットを伝えていない段階)では、基本は『ウソ』である事を念頭に置いた上で、『本当』っぽい場合は必ず一旦引くのが良いかと思います。

『本当』っぽい場合というのは、例えば、

・お客さんが早口の場合(テレアポ、飛び込み共通。ただ、関西の人は一般的に早口)

・お客さんが手の空いている日、時間帯を教えてくれた場合(テレアポ、飛び込み共通)

・お客さんがまた架けてきてよと言ってくれた場合(テレアポ)

・お客さんがまた来てよと言ってくれた場合(飛び込み)

・お客さんが電話中に「いらっしゃいませ」と言った場合(テレアポ。飲食店などのお店がお客さんの場合)

・あなたのお客さんのお店に(あなたのお客さんの)お客さんが来店している場合(飛び込み。そもそも飛び込んじゃダメだけど)

とかが考えられます(他に何かあったら教えて下さい(^_^))。

まとめ

お客さんに興味を持ってもらう前に(メリットを伝える前に)『時間がない』『忙しい』と言われた場合は、その言葉のほとんどが『ウソ』。

2パターンで対処する。

ただ、『本当』の場合もまれにあるので、その際はねばらないで一旦引く。

興味を持ってもらえた後に言われた場合は『本当』。

今回は以上です。

どうやって切り返すか?ではなく、何よりもまず『興味付け』が大事だということを忘れないでくださいね!

何かわからないことや聞きたいことがあれば、下のコメント欄からどうぞ↓↓↓

本日もお疲れ様でした(^_^)

当ブログが初めての方へ

ぐり

当ブログでは、

  • 名の知れないベンチャー企業で2年連続2億円を売り上げた営業ノウハウ、思考
  • 起業スクールで学んだ知識、思考
  • 700冊以上の読書で得た知識、思考

を公開しています。

そして、これらを元にして、今後も”個人”が”負けずに”(=仕事を奪われずに)生き残る人生戦略を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です