営業と販売の仕事内容の違いは?

営業と販売の違い

えっ!?営業と販売って意味違うの?

営業と販売とで仕事内容に
どんな違いがあるのか知りたい

転職サイトや求人サイトを見ながら、
こんなことを考えたことはありませんか?

ぐり
こんにちは!
名の知れない中小企業で
2年連続2億円を売り上げた
ぐり (@guri_makenai) です^ ^

営業(職)と販売(職)は似ていますが、
よくよく見てみると、
かなり違う仕事です。

その違いは、
就職や転職の際には
必ず確認しておかないと、
後々後悔してしまうレベルです。

今回は、具体例を交えながら、
両者の違いを分かりやすく
解説していきたいと思います。

それでは行ってみましょう!

販売の具体例は?

販売の具体例は、
スーパーやコンビニ、
カフェや居酒屋などの飲食店、
美容室の店員さんたちが、
最も身近でイメージしやすいと思います。

販売の場合、見込み客は、
お店やホームページを手掛かりに、
商品について何らかの興味を持った状態で
販売員と接することになります。

例えば、

  • スーパーだったら、
    『そういえば卵切らしてたんだよな〜
    帰りにあのスーパーに寄って買おう』
  • コンビニだったら、
    『何か無性に唐揚げを食べたいな〜
    ローソンでからあげクン買おう』
  • カフェだったら、
    『友達との待ち合わせ時間まで
    まだ余裕あるから、休憩も兼ねて
    コーヒーでも飲んで待とう』
  • 美容室だったら、
    『髪が伸びてきたから、
    そろそろ髪を切りに行こう』

という状態で、
販売員と接することになります。

営業の具体例は?

営業の具体例は、
個人宅へのリフォームの営業、
個人宅への不用品買取りの営業、
個人への不動産投資の営業
などが分かりやすいでしょうか。

販売と比べると、営業は、
イメージが湧きにくいかも知れません。

というのも、
販売員にはほぼ毎日のように
接する機会がありますが、
営業に接する機会は
頻繁にあるわけではないからです。

営業の場合、見込み客は、
営業からの何らかのアクション
(訪問、アポ取りのための電話など)
があって初めて、
営業担当者個人や商品を
知る場合が多いです。

そのため、
営業からのアクション時に、
商品に全く興味がないことがあり得ます

後述するように、
この点が、営業が辛い、大変、しんどい
などと言われる主な原因です。

営業と販売の共通点は?

営業と販売の共通点は、
見込み客とのコミュニケーションを通じて
商品を売る
点にあります。

販売とは売ることなので、
その意味で、
販売は営業より意味が狭く、
営業は販売よりも広い意味を持っています。

辞書的な意味で捉えれば,
営業とは「業を営むこと」,
販売とは「商品・サービスを売ること」。
営業の方が販売よりも
広義の概念であることは
間違いなさそうである。

出典:『日本における「営業」とMarketing & Salesとの関係

営業と販売の違いは?

営業と販売の違いは、

  • 仕事内容
  • 仕事の難易度
  • 見込み客となる相手の属性

に表れています。

仕事内容は?

仕事内容の違いは、

店舗などで見込み客を待って、
訪れた客を相手にするのか(販売)

それに限らず、
営業自らが積極的に
見込み客にアプローチしていくのか(営業)

の点にあります。

お客さんが興味を持っているのか否か?

これは、買う側はもちろん、
売る側にとっても大変重要なことです。

販売の場合には、見込み客は、
何らかの興味があって店舗を訪れるので、
比較的、成約しやすいと言えます。

一方、営業の場合には、
見込み客に全く興味がない場合があるので、
その時は営業は興味を持たせることから
始めなければなりません。

特に、全く知名度のない中小零細の営業は、
会社自体の信用も何もないので、
全くのゼロから顧客との関係を
築いていかなければなりません。

私も、名の知れない中小企業で
営業をしていたので、

全く相手にされない…

という経験を何度も味わいました(;▽;)

この点は、新規営業をする際に、
新人営業が挫折しやすい1つの鬼門です。

※新人営業の方には、
初心者向けの記事を用意してあるので、
そちらから読んでみて下さい。
まずは、営業初心者を抜け出す
(トップページに飛びます)

また、会社にもよりますが、
販売の場合は、
店舗で見込み客が来るのを待つ
スタイルなのに対し、

営業の場合は、
どこに営業をかけていくのか?
(見込み客の開拓)という
マーケティングの視点が必要です。

一般的に、
営業は販売と比べてやる事が多いので、
その分、学ばなければいけない知識や
スキルも営業の方が多いと言えます。

このような仕事内容の違いが、
仕事の難易度にも影響します。

仕事の難易度は?

仕事の難易度は、
販売より営業の方が難しいです。

なぜなら、
営業ではやる事が多く、
1つの事に費やせる時間が
限られてくるからです。

もちろん、
販売の仕事なんて簡単だ!
などと言っているのではなく、
あくまで論理的に考えたら、
販売は1つ1つの事に
時間を集中させやすいので、
経験値を積みやすく
上達も早いだろうという意味です。

逆に営業は、限られた時間の中で、
いかに早く経験値を積み上げるか?
この辺りが問われてきます。

トップセールスの一部で、

『営業とは要領だ』

という人たちがいる理由でもあります。

見込み客となる相手の属性は?

見込み客となる相手の属性は、
販売の場合は個人なのに対し、
営業の場合は個人も法人もあり得ます。

一般的に、法人営業の場合には、
営業をかけられた方は、
どうしても会社としての信用を
保たないといけない部分があるので、

営業に対して怒鳴ったり、
無茶な要求を突き付けたりと、
非常識な対応をとることは
少ないと言えます。

しかし、個人営業や販売の場合には、
世間体を全く気にせず、
ひどいクレームを入れたり、
営業を雑に扱う人たちが一定数います
(営業側が原因のこともある)。

その意味で、販売は、
きちんと仕事をこなしていたとしても、
悪質なクレーマーなどに
たまたま当たってしまい、
嫌な思いをすることは
避けにくいかも知れません
(個人営業も同じ)。

あくまで一般的な話です。

法人営業でも、
会社の信用を全く気にしないで
怒鳴り散らす方もいます。

最後に、
求人を見る際の注意点に触れて、
終わりたいと思います。

求人を見る際の注意点は?

求人を見る際の注意点は、
企業によっては、
営業や販売の概念が確立されておらず、
ここまでで説明してきたことが
当てはまらない場合がある点です。

例えば、保険を例にとってみましょう。

保険というと、

『保険は営業だよな』

と思う方もいるかも知れませんが、
実は最近は販売のような形を取っている
企業や事業主が多くなっています。

最近、あなたの近くの駅前で、
保険相談所のようなお店が
出てきていませんか?

お店を構えて見込み客を待つスタイルは、
まさに販売のスタイルです。

日本ではかなり多くの人が
保険に入っているということで、
新規というよりは、
他社からの乗り換えが多いようです
(携帯電話に似てますね笑)。

販売のスタイルで
保険を売ろうとしている企業は、
おそらく、無理に営業しても、

『いや、もう保険は入ってるからイイ』

という人が増えてきたので、
そんな非効率な営業をするよりは、
駅前のアクセス数をお金で買って、

『今の保険料、もうちょっと
安くならないもんかな…』

などと思っている人たちに
お店に来てもらった方が効率的
と考えたのでしょう
(厳密な調査はしてないですが、
論理的にはこうなるはず)。

このように、
保険という同じ商品でも、
営業なのか販売なのかは、
会社によって異なってきます
(併用している会社もあるかも)。

また、店舗を構えて
販売するようなスタイルなのに、
『営業』と表現している
会社もあるようです
(逆もしかり)。

そのため、
求人の『営業』『販売』
という言葉に惑わされないで、
きちんと仕事内容まで確認して
選ぶようにしましょう。

まとめ

  • 営業と販売の仕事内容の違いは、
    店舗などで見込み客を待って、
    訪れた客を相手にするのか(販売)
    それに限らず、
    営業自らが積極的に見込み客に
    アプローチしていくのか(営業)
    の点にある
  • 営業と販売の共通点は、
    見込み客とのコミュニケーションを
    通じて商品を売る点にある
  • 『営業』は、『販売』よりも広い概念
  • 営業と販売の違いは、
    • 仕事内容
    • 仕事の難易度
      (販売より営業の方が難しい)
    • 見込み客となる相手の属性
      (法人営業では
      変なクレームにあいにくい)
  • 求人を見る際は、『営業』『販売』
    という言葉に惑わされずに、
    仕事内容をきちんと確認する

今回は以上です。

本日もお疲れ様でしたm(__)m

当ブログが初めての方へ

ぐり

当ブログでは、

  • 名の知れないベンチャー企業で2年連続2億円を売り上げた営業ノウハウ、思考
  • 起業スクールで学んだ知識、思考
  • 700冊以上の読書で得た知識、思考

を公開しています。

そして、これらを元にして、今後も”個人”が”負けずに”(=仕事を奪われずに)生き残る人生戦略を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です